So-net無料ブログ作成
検索選択

ナイル2016年12月編集後記 [ナイル短歌工房]

 今年一番の出来事は何かと問われれば、参院選と沖縄と答えるだろう。短歌シンポでも危惧された統制への疑念から、複数の候補の演説に足を運び、環境保護に熱心な地元店舗で開催された選挙トークにも参加した。

 五月、沖縄うるま市での米軍属による殺害遺棄事件から、九五年に次ぐ大規模な基地反対集会。参院選翌日からの、高江のヘリパット工事。

 基地反対という民意で選ばれた議員は、翌日から現場へ急行せねばならなかった。これでよいのか。九月号の評論は、手元にあった本をもとに、そんな思いにかられて纏めた。

 大きな収穫は、短歌年鑑を頼りに、糸満市の紅短歌会と連絡を取ったこと。ナイル九月号をお送りし、「くれない」九月号を送っていただいた。日常詠と時事詠が切っても切れない状況があること、ある視点に否応なく放り込まれる方々が今もあることを思う。



原稿は改行無しだったのですが、紙面の都合上
他の欄に改行を加えて掲載されたので、誌面に準じました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0